スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
尿路感染症
2012 / 03 / 29 ( Thu ) 12:11:24
3月27日に退院した、ひなたくん
入院中に”寝返り”が出来るようになりましたハ(^▽^*) パチパチ♪
寝返りin病院
尿路感染症にかかり、今月21日~27日まで入院していました
それまでの記録を簡単ではありますが、残しておこうと思います
14日(水)
夜、38.5度の熱がでるが、母乳を飲み嘔吐なし
15日(木)~16日(金)
平熱は36度位なのに昼間は37度台。夜は38度台
母乳を飲み嘔吐なし、笑顔もあるが普段より愚図る
オシッコが異様に臭う
17日(土)
昼間37度台。夜39.2度
I病院に電話をするが、食欲あり嘔吐なしの為、様子見
18日(日)
昼間37.4度。夜40度
T大学病院へ電話。しかし症状が熱だけで手足が冷たい事も伝えるが様子見
19日(月)
4ヶ月検診で『停滞精巣』と診断されていた為、J大学病院で診察
同時に小児科で熱が続いている事について診断
主人が勘違いして17日(土)から熱が出た事を説明した為
「ピークは過ぎたので、喉風邪」と診断される
この時、私が話を聞いていなかった事を反省。夜39.5度の熱がでる
20日(火)
I病院で診察。ウィルス性の風邪ではないと抗生剤のみぐすりを貰う
夜39度の熱
21日(水)
地元の小児科病院で診察。『川崎病』の疑いがある為
T大学病院を紹介され、受診する
熱が続きすぎている事と、CRPと白血球が異常に多い事から入院
先生から髄膜炎や腎臓やら多数の検査が必要なので
同意書にサインを求められ主人へ連絡
主人がJ大学病院へ相談すると、最小限の検査で十分と説明され転院を依頼
T大学病院で受けた血液検査、レントゲンなどの検査書類を持ち
J大学病院へ行くが、ベッドの空きがないとの事
(T大学病院が、J大学病院へ1本連絡してくれていたら。。)
で、都立T病院を紹介され、夜10時入院
小児科の医長から、直ぐに髄液検査をしたいと言われ承諾
22日(木)
午前1時に髄膜炎に問題なしと結果がでる
同時にT大学病院でのレントゲン結果、肺炎でない事も分かる
抗生剤の点滴。本人は、至って元気
主治医から血液検査の数値が悪いのにココまで元気なのは
白血球の異常の多さのお陰か?!と驚いていました
23日(金)
心臓、お腹周辺のエコー検査、問題なし。主治医から『尿路』が怪しいと言われる
24日(土)
検査なしで、過ごす
25日(日)
検査なし。12日目、久々の風呂に入れて頂く
26日(月)
血液検査でホボ正常値に。点滴管を外して貰い飲み薬になる
27日(火)
午前10時退院

今回は、私が直ぐに病院へ連れて行かなかった事で
ひなたくんをこんな目に遭わせてしまいました
申し訳ない気持ちでいっぱいです
この事で、主人の両親が激怒し
「任せておけないから、ひなたくんを連れて来なさい」と言われる
「ひなたくんを私から奪わないで欲しい」と主人に訴え断ってもらう
よくよく考えると、私って病んでる。。やばい!!!Σ(|||▽||| )
春到来だし!お出掛けして発散せねば!

今日も遊びに来て頂き、ありがとうございます
  \(*´∇`*)/
  大変、申し訳ございませんが、コメントのお返事としまして
  『訪問&応援ぽち』を張り切って!行かせて頂きます

↓参加中です。良かったらポチっとして下さい
にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ
スポンサーサイト

テーマ:毎日が”Dog Days” - ジャンル:ペット

ひなた CM:11 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。